【速報】アメリカ大統領選。その時Twitterでは何が起こっていたか

~トランプ氏に関するクチコミはクリントン氏の●倍!~

20161109_shutterstock_405520816

 

日本時間の8日午後8時(現地時間8日午前6時 ※ニューヨーク時間)から投票が開始された、アメリカ大統領選。討論会時から様々なニュースが飛び交っていましたが、本日の開票結果とともにTwitter上ではどんなことが言われていたのか、速報でお伝えします!

投票当日の英語ツイート数推移

まずは、投票開始から15時までのツイート数推移をクチコミ@係長で見てみましょう。

20161109_img01

調査対象:Twitter(英語全数)
調査期間:2016年11月8日20時~2016年11月9日15時(※日本時間)
キーワード:#election2016, #ElectionNight 

この期間中につぶやかれたのは約570万件超!盛り上がり始めたのは9日午前8時(現地時間18時)で、ピークを迎えたのは9日13時50分から14時の間で、約18万件でした。

この時間帯は、フロリダ州、アイダホ州、ハワイ州、カリフォルニア州など多くの州の開票結果が発表されたことが影響しているようです。

ハッシュタグの #ElectionNightは投票日の夜には結果が決まっている(=運命の夜)のような意味あいで使われていることが多いそうで、#election2016よりも、#ElectionNightは多く使われていることがわかりました。

 

トランプ氏に関するクチコミはクリントン氏の●倍!

投票直前の11月1日から本日までの、両氏に関するクチコミ数を比較したところ、

トランプ氏 456,799件クリントン氏92,126件で、なんとトランプ氏がクリントン氏の5倍!

特に9日の伸びは大きく、今日の大統領選は日本人にとっても関心のある話題だったことは間違いないようです。

20161109_img2

調査対象:SNS全体(Twitterは10%サンプリング)
調査期間:2016年11月1日~11月9日 ※9日は16時56分までを収集

次に、日本でのトランプ氏についてのクチコミを見てみましょう。

頻出関連語には、「世論調査」「トランプリスク」「トランプショック」「問題」「影響」「逆転」「世界」「下落」「株価」「為替」などが上がっており、最新の世論調査ではトランプ氏が優勢になったことへの言及、株価や為替への影響などについての言及などが見られました。

ニュースでも、為替や株価の動きについて報道されています。

日本株、トランプ氏優位で大揺れ 一時1000円安 (出典:日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09H24_Z01C16A1000000/

日本時間の16時半過ぎにトランプ氏の当選が確実というニュースを受け、さっそく掲示板にはトランプ大統領になったらどうなるかについてのスレッドも上がっているようです。

 世界経済にも影響を与えた今回のアメリカ大統領選ですが、今後の動向が気になるところですね。

 
 
 

関連記事

    • 調査・分析

    2019年03月27日

    SNSでのユーザー行動分析の方法

    • 調査・分析

    2019年03月22日

    ソーシャルリスニングにおける「検索キーワードの入れ方」のポイント

    • 調査・分析

    2019年03月20日

    印象、感情、歓喜の瞬間…「ソーシャルリスニング」の活用例がわかる記事8選

    • 調査・分析

    2018年02月26日

    「花粉」はどの時期からツイート数が増える?クチコミ分析レポート

    • 調査・分析

    2018年01月19日

    【ツイッターからみる街シリーズ】地味に●●けど、住みたい街「吉祥寺」。その魅力に迫る!

    • 調査・分析

    2018年01月11日

    2017年Google検索ランキングTOP10ワードのツイート件数を調べてみました。

SNSマーケティングでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください。

     

       お問い合わせフォーム